名古屋胡蝶蘭のポリシー

当店が宅配便を使わない理由

ダンボール
「宅配便」は、とても便利で現代社会にはなくてはならないものだと思います。箱に詰めて住所を書いてお金を払えば日本全国のどこへでも物を贈ることができるのですから。

ですが、宅配便で送るべきでないものも世の中にはたくさんあります。 例えば、遠くに住む友人の新築祝いに握り寿司を箱詰めして宅急便で送る人がいるでしょうか? また空前のペットブームとはいえ、ワンちゃんをネットで買って宅配便で送られてくるなんていうペットショップがあったらどう思われますか?
これらのことと「胡蝶蘭を箱詰めして宅配便で送ること」に、それほど違いがあるでしょうか。名古屋胡蝶蘭では、デリケートな生きたお花である胡蝶蘭を宅配便で送るべきではないと考えています。

それとは別の次元のお話ですが、開店などお祝いの日を迎える人々が、忙しいなか本業とは全く別のことで煩わしい思いをされていることを想像してみてください。
開店、開院、事務所開設、竣工、移転などで胡蝶蘭をお届けに行きますと、大変な思いをして大量に届いた箱入りの胡蝶蘭を開封して取り出し、自らの手で名札を立てている姿を見ることがあります。さらに巨大な段ボールをつぶし、まとめて縛り、ゴミ置き場までエレベーターに乗って運ぶ姿に遭遇したこともあります。見かねて段ボールの一部を当店が引き取って帰ることもあります。そんなときにまた新たに宅配便が届いたりもします。
多くの人々がこのことを想像することなく宅配便でお祝いのお花を送った結果、お祝いの気持ちとは反対のこのような煩わしい作業を生み出しています。これでお祝いの気持ちが届くでしょうか?「わぁ、ありがとう」と喜んでいただけるでしょうか?

遠方へ胡蝶蘭をお届けしたいというお客様には、お届け先の近くにあって直接お届けできる花屋さんを探して依頼をすることをお勧めいたします。
面倒な取り出し作業が必要な箱詰めの状態で届くよりも贈り物としては親切でスマートだと思います。

なお当店では、お客様に代わって現地のお花屋さんを探すということはしておりません。大変申し訳ございません。

関連記事

  1. 当店は、”安心して胡蝶蘭の贈り物を頼める店”を常に目指しています…

胡蝶蘭商品メニュー

定休日と臨時休業日のお知らせ

2022年 11月
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3

定休日

受付を終了した日

臨時休業日

ご注文方法

当店のこだわり

ご利用いただけるお支払方法
PAGE TOP